海外の媚薬で興奮

興奮する薬が激安です!


(イメージ)

興奮する薬(海外の媚薬)を飲むようになってからセックスライフが充実しています。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

 

30代後半男の体験です。

 

付き合いはじめて最初はあれだけ興奮していた毎日が嘘のように、最近はセックスの回数が減ってきてたんです。

 

僕はやる気満々なのですが(笑)、パートナーが乗り気じゃなかったり、拒否されることさえもあります(涙)。

 

毎日仕事で疲れているからなのかどうも性欲が減って、マンネリ化してるのかセックスに刺激がなくなってきたみたいなんですよね。

 


そんなときに知ったのがチョコレートラブという媚薬で試しに使ってもらいました。

 

チョコレートラブDX(Chocolate Love DX)

 

そしたら、彼女に拒否されることがなくなったんです!

 

彼女によると、媚薬を飲んだあとは「とろ〜んとした気持ち」になるそうです。

 

本人には興奮する感じなのかは分からないらしいのですが、向こうから抱きしめてきます。^^v

 

なので間違いなく興奮するのは私のほうです。(笑)

 

これを使うようになってから以前のように充実したナイトライフが送れるようになりましたよ。^o^/

 

媚薬って、飲むのじゃないのとか、ほかにも色々あるんですね。もっと色々試してみます!!

 

アドバンテージDX(Advantage DX)

 

 

ビゴレル・ボディクリーム(VigorelleBodyCream)

 

 

オキシトシン・ラブ(Oxytocin Love)

 

 

プロベストラ(Provestra)

 

 

チャットで知り合った女性との興奮

以前、チャットを通じて知り合った女性と関係をもったことがありました。

 

チャットで女性と興奮

 

結婚や付き合うことは全く考えていない相手でした。

 

お互いに付き合っているパートナーはいたのですが、パートナーに対する不満を話しているうちに意気投合し、打ち解けていきました。

 

その女性は、当時付き合っていた男性としか関係をもったことがないらしく、しかも、興奮する薬を使っているものの、長い付き合いになっていることからマンネリ化しており、外に刺激を求めているようでした。

 

チャットをしていると、相手の名前も顔もわかりませんから、夜の営みについても興奮しながら細かく話しました。

 

女性は、一人しか男性を知らないということあり、別の男性とも関係をもってみたいとよく話していました。

 

私の方も、自分の彼女との夜の生活があまりない時期だったので、興奮して自然とその女性と性交渉をしたいと考えるようになっていました。

 

実際に会うことになりましたが、事前のチャットの会話でホテルに行こうと約束していたので、お互いそのつもりでいました。

 

自分の彼女に対しての罪悪感はありましたが、セックスレスだったこともあり、本能には勝てませんでした。

 

本来であれば、自分が結婚を考えている女性とだけ性交渉をすべきだとは分かっているのですが、どうしても交際期間が長くなると夜の営みの回数が減ってきてしまいます。

 

パートナーとの夜の関係は、愛し合うためには絶対必要だと思うのですが、仕事で疲れていると興奮する薬を飲んでもダメで、相手から断られたりすることも増え、どうしても別な人に目が向いてしまうのもある程度は仕方のないことかもしれません。

 

ただ、愛情を確かめ合うためにも、真のパートナーとは興奮する薬を使ってでも、もっとスキンシップや夜の営みを行うべきだと思います。

 

 

興奮する薬の体験

 

今後結婚は考えていない相手との夜の営みはあり?なし?

私は結婚を前提としてお付き合いをしていない相手との性行為はありだと思います。

 

なぜなら、異性と付き合うということに、性行為は欠かせないものだと考えているからです。

 

その行為をして、相手との相性を図ったり、コミュニケーションに繋がり、より関係が深まるものだと思います。

 

「今後結婚は考えていないから」という理由で拒否されてしまえば、恐らくどんな相手とも上手くやっていけないと思います。

 

体の愛称というものは、性格や価値観の一致と同じくらい大切なものです。

 

長くその相手と付き合っていくためにも、興奮してお互いをさらけ出し、受け入れあう事がとても重要です。

 

温泉旅行で興奮するカップル

 

現在は性行為自体が少なくなっていると懸念されています。

 

草食系だとか色々注目されていますが、これは日本の将来を考えさせられる問題だと思います。

 

少子高齢化していく日本の未来をどう変えていくのか。

 

これはまさに、異性と付き合っていく、また家庭を持ち子孫を残していく事が、直接的に関係してきます。

 

もっと世の男性たちに興奮する薬を飲むなど積極的になってもらいたいと思います。

 

 

興奮する薬の体験

 

興奮する薬で身体も心も開ける関係になれます。

結婚初夜。なんて言葉もありますが、今時、結婚してから初めてセックスをします、なんてカップルは何組いるのでしょうか。

 

少なくとも、私は結婚する前に付き合った男性としてましたよ、性行為。

 

いずれ別れが来るかもしれない恋人との性行為。必ず避妊は必要だけど、興奮してとても幸せな気持ちを味わえます。

 

それに、自分も相手も、丸裸にされるものだから、その行為にその人自身が表れるとも思います。

 

外ではレディファーストで優しい彼も、興奮する薬が大好きなんて夜はとんでもない性壁を持ってた!なんてことも見抜けるかもしれません。

 

結婚してから「相性が良くない」なんてことになるより、よっぽど建設的だと思います。

 

いくらいい人でも、一生を添い遂げるには、やっぱり夜の相性も大切ですからね。

 

人間は、自分と遠い遺伝子との子孫を残す本能があります。

 

そのため、自分と近しい遺伝子の相手とは、身体の相性が良くないんです。

 

それって、実際に交わらないとわからないですよね。だから、私は婚前交渉、必要だと思ってます。

 

スマホばっかりイジってる若者たち!目の前に魅力的な異性がいるのだから。

 

一旦スマホは置いて、興奮する薬でも飲んで生身の異性とコミニュケーション取りませんか?

 

年頃の男子ってのは、本当は興奮する薬なんて必要なくて、猿みたいに盛ってるんです!

 

猿の交尾に興奮

 

女子はより良い男子を捕まえるために、必死で自分を磨くんです。

 

性行為が少なくなってるだなんて、信じられません。

 

もっと人と人とのコミニュケーション、性行為だってコミニュケーションなんですから、やって欲しいです。

 

 

興奮する薬の体験